理事・監事

理事長
副理事長
監事
理事長

金子 進

  • 金子保商事 代表取締役
  • センター南商業地区振興会 会長
  • タウンセンター活性化検討会 委員長
  • 街づくり協定運営委員会 委員長
  • タウンセンター南駅前共同ビル (港北東急S.C.) 社長
  • 港北中央開発 (港北みなも) 社長
  • センター南広場公園愛護会 (通称 すきっぷ広場) 会長
  • センター南ハマロードサポーター 代表
  • 第二地区共同化義務街区事業者組合 理事長
  • 都筑区民文化祭実行委員会 委員長
  • 天台宗 正覚寺 壇信徒総代
  • 交流スペース「SENCE」オーナー
  • タウンセンター魅力アップ推進グループ 会長
  • 堰の元地蔵尊(お地蔵さん)代表
  • 「都筑の文化 夢スタジオ」元運営委員長
副理事長

岩室晶子

愛知芸術大学作曲科中退、メーザーハウス特待生、田園調布学園大学大学院卒。
名古屋出身、都筑区在住22年。

「都筑の文化 夢スタジオ」元運営委員

音楽制作や演奏活動の本業の他、NPO法人 I Loveつづき理事長、認定NPO法人ミニシティ・プラス事務局長、NPO法人テレワークセンター理事など多様な地域活動をライフワークにしている。

クイズヘキサゴンの音楽編曲担当をしていたことから、羞恥心等がヒットし、2008年年間オリコン編曲家ランキング1位を獲得。

「こどもも大人も、多様な人が関わるまちがよいまちである」と考え、「音楽のように心地よい波動でまちをすてきにしたい」と奔走中。

副理事長

朝倉哲也

東京都出身、都筑区在住27年

エレクトロニクス専門商社勤務の傍ら日本臨床栄養協会NR・サプリメントアドバイザーとしてライター活動を行う。

「サプリメント健康食品の効き目と安全性」「名医がすすめる最良のサプリ」「本当に効く食とサプリ」などの書籍、「一個人」「MONOQLO」などの雑誌、ウェブコンテンツ向けにも多数執筆。

都筑区では、都筑区民文化祭実行委員会事務局長、都筑・ドイツ交流イベント実行委員、eProject-KITA、横浜市交通局ほのぼの駅コン実行委員など、都筑区のイベントや文化活動に従事。
「都筑の文化 夢スタジオ」元運営委員。

理事

清水美弥子

青葉区出身・都筑区在住18年
日本大学芸術学部演劇学科西洋舞踊コース卒業

ダンスパワーズ主催・都筑ダンス&パフォーマンス実行委員会会長・横浜北部ハマッコ応援プロジェクト代表

5歳よりジュニアバレエを始め、バレエ、モダン、ジャズ、タップダンスなどを学ぶ。1999年・2000年・2013年単身N.Yへ渡米。

イベント・テレビ・ダンス公演・ミュージカルなど、数多くのステージに出演。

劇団・プロデュース公演・専門学校・ミュージカル・CMなどの、振り付け・ステージングも手がける。

自身の団体を主催しながら、子育支援の親子クラス、横浜市立中学の課外講師、チャリティーイベントの主催、公立小中学校へワークショップを届ける活動など、地域活動も積極的に行っている。

理事

加藤千佳

桐朋女子高等学校音楽科
桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業

【都筑区歴】
都筑区が誕生した平成6年より前
生まれも育ちも都筑区

横浜市都筑区にて妹でヴァイオリンニスト加藤かな子と共に『レッスンルームChante』主催

また姉妹ユニットKatochan姉妹としてイベントに多数出演(演奏者、時々司会も)

伴奏者、演奏者としても活動する傍ら、演奏指導、コンクール審査など教育活動にも精力を注ぐ

理事

加藤かな子

桐朋学園女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部・同大学研究科を卒業。

Wine Melos Music Institute にてライナー・キュッヒル氏、ヨハネス・マイッスル氏のクラスを修了。

現在、フリーの演奏家としてソロや室内楽、アーティストのライブサポートや、映画・ドラマ・アニメ等のレコーディング他、海外での演奏などジャンルを問わず活動。

また、ピアニストの姉 加藤千佳とともに横浜市都筑区にある音楽教室「Chanté」主宰。 後進の指導にもあたっている。

理事

石川りか

幼少期よりバレエ、ジャズダンス、ヒップを学ぶ。

母が経営しているダンススクールにて、リトミックや幼児教育に興味を持ち、大学にて保育士免許、幼稚園教諭免許を取得。

2008年・2010年には、ロサンゼルスで開かれたDANCE EXCELLENCE国際大会にて金賞を受賞。

2011年には、天皇陛下20周年をお祝いする国民祭典でダンスを披露。
その他、数々のコンテストにて優勝に導く。自身もアーティストPV等多数出演。

現在では、こころダンススクールにて講師をする傍ら、子ども服の会社を立ち上げ、ダンス衣装や子ども服をデザイン、販売をする。その他、ダンスのPVの制作にも力を注ぎ、活動の幅を広げている。

理事

河合彩香

3歳より松山バレエ学校でバレエを、フェリス音楽学院でピアノを習い音楽に囲まれた生活を送る。

大学では教育学を専攻、学生時代は塾講師として教えることの難しさと楽しさを体感

後、ロシア国立ペルミバレエ学校日本校でバレエ教授法を学び基礎学年コースを修了。

Dance gallery CYGNET クラシックバレエ及びダンス講師

よさこい踊りチーム横浜百姫隊 振付指導及び踊り子として活動

理事

河合竜也

株式会社スワンズアカデミーにおいて、主にコーポレート統括としてバックオフィス全般に従事。

ダンスやバレエを子供たちが気持ちよく学べる環境と、その目標となる舞台や催しの企画や運営、そして記録としての動画・写真の撮影及び編集などを担当。

学生時代はデザインを学び、その後調理師免許を取得。
0歳で東京から横浜へ転入し、都筑区在住まもなく30年の二児の父。

監事

木村 格

東京都出身、都筑区在住32年
東京造形大学デザイン学科室内建築専攻卒業

1990年、港北区の時代に都筑中川に転居。
初めての土地に早くなじむため、妻が都筑区市民ミュージカル出演者に息子を応募、合わせて、裏方に自らも応募。以来、素敵な仲間に恵まれて、まちづくりと文化の活動に自然に参加。

区民文化祭実行委員長、ほのぼの駅コン運営委員長、都筑の文化夢スタジオ運営委員長、都筑アートプロジェクト実行委員長等を経験。

現在、NPO法人都筑民家園管理運営委員会、事務局長。都筑・ドイツ交流イベント実行委員。

今後もアート、自然、歴史、まちづくりの活動に関わっていきたい。

監事

佐波利昭

大阪府岸和田市出身。東京工業大学社会工学部卒、大阪で勤務。

1987年30代より港北ニュータウンに移り住むと同時に、地域ボランティア「まちの教室」に参加。その後「港北ニュータウンイベント倶楽部」の企画運営 (93年)、パシフィコ横浜でのよこはま市民まちづくりフォーラム、ジャズ、ロック、ミュージカル、おみこし (都筑睦) など様々なボランティア活動を企画・主催、94年の都筑区開設記念事業にも運営参加、96年には「都筑イベント倶楽部」に名称変更。さらに99年に現在の「都筑クラブ」へと新名称変更、自主企画としての「星空のコンサート」は2022年で24回目を迎え、ボランティアとして区民祭りをはじめ様々な都筑区の催しで企画運営、まちづくりや文化活動を支える。プライベートのバンド活動では「BEAT POPS」キーボード担当。

ボランティア以外では90年代の4万人規模のレゲエ野外フェスティバル「REGGAE JAPAN SPLASH」の運営にも携わり、東工大非常勤講師 (社会工学の政策と計画実践論) も14年間務めた。地域組織としての小学校PTAや連合自治会、公園愛護会でもリーダーとして活動継続。元・都筑の文化 夢スタジオ管理運営委員会委員。